2018/02/11

【ちょいグロ画像あり】台北医科大学付属病院で粉瘤摘出手術

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ


もう明後日には抜糸しますが、この間起きた出来事。

『粉瘤(しこり)手術のことについて書いておこうと。

左足のくるぶしの上あたり、高校時代ぐらいからある小さなしこり
故意に押さなければ、痛みはなく特に日常生活に支障がないことから
ほぼ無視状態で20年以上が経過。

IMG_0619.jpg 

それが、最近ちょっと大きくなってきて、すこしズボンがすれただけで
痛みを生じるようになり、ちょっとヤバいかも。。。っと
ネットでいろいろ検索した結果、皮膚科か整形外科に行くとよいとのこと。
大きい病院なら、違ったとしてもすぐに対応が可能だろうと
台北医科大学附属病院の皮膚科で診てもらうことに。

診察室で、経緯と今の状況を医師に伝えると
しこり部位をみて、
医師『じゃぁ、今から手術して取りましょう』
私『えぇ!?今から?』
医師『痛いんでしょ。取っちゃえばいいじゃないの』
私『確かに、痛いんですけど。今?まだ心の準備出来てないですし』
医師『今、治療室空いてるからすぐ出来るけど、次ならまた調整しないと』
私『手術後は歩けますか?手術時間はどのくらい?』
医師『約30分くらい、もちろん歩けますよ。ただ最初の3日間は水に触れないこと』
私『じゃぁ、、、お願いします』

っと、とんとん拍子で診療が始って約5分足らずで、摘出手術が決定!!

必要書類にサインをします。

麻酔や薬物のアレルギーを聞かれ、

IMG_0579.jpg

手術の同意書にサインをして、待ちます。

IMG_0580.jpg

5分後、診療室の隣接されている【治療室】へ
カーテンレールで仕切られた、大分簡易的な部屋。
ベットに横たわり、では始めまーすっと。

出産は自然出産だったので。
体にメスを入れるのは人生初!!

やっぱり、緊張するっ((((;゚Д゚)))))))
医師に言われるがままです。

IMG_0620.jpg

麻酔は痛かったけど、後は縫われている時に引っ張られている感があったくらいかな。

本当に30分しないくらいで終了W(`0`)W

固く張っている感じで、歩けるけど怖い。
近いけど、タクシーで帰宅しました。

IMG_0621.jpg

そして、お待たせしました。(待ってないって(ノω`*)ノ

下にいくとちょいグロ画像となります。

↓↓↓

注)グロイものが苦手なかたは見ないでください。
夢に出るかもですよ。

↓↓↓

じゃじゃーん。
取り出した、しこり=たぶん粉瘤
約6㎜くらいで小さいですが、20年以上も体の中にあったものなので
何故か愛着が。。。
病理検査に回され、抜糸の時に結果を聞きます。


IMG_0623.jpg

そして、傷跡はこんな感じ。

約1.5㎝くらい。

手術費用は、健康保険が適用範囲内でしたので
門診料と手術費、お薬代を合わせて約700元でした。

IMG_0624.jpg

3日間は、やっぱり歩くのに痛みは生じましたが
後は、普通に大丈夫になりました。

台湾の粉瘤摘出手術~
あっという間の超もうスピードで診療から手術と。
びっくりでしたが、時間のない人には適しているかも。
ではでは。

ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、とっても励みになります(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント