FC2ブログ
2018/02/06

「会社を辞める」そのタイミングについて考える…

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ


現地の商社でお仕事をさせて頂き、かれこれ8年になります。

慕っていた社長が、近年ほぼご隠居され息子さんが舵取りをしてますが
正直、経営理念が全くもって折り合わず、かなりのプレッシャー(;_;)

それに、あの嫌なヤツとの仕事。。。(ご興味のある方は こちら

前々から、フリーとして働くことの念頭はありましたが
もう少し頑張ろう的な心理も働き新しい年が明けてしまいました。

そんな中で今回長男の発達障害が判明し、自閉症の最終診断中。

パパの仕事が大分フレックスなのでまだ対応は可能ですが

旧正月明けからは、特殊学級や療育など本格的にリハビリが始ろうとしていて
フルタイムで働くことの限界がきている感じです。

そこで、一念発起
『会社を辞める』ことに決めました!!

では、辞めるタイミングは?

台湾企業の賞与(ボーナス)は年に1回 旧正月前に支給されます。

なので、もちろんボーナスをもらってから退職するのが一般的です。

わが社でも今週、ボーナスが振り込まれました。
1年頑張った成果を認めてもらえ安堵してます(=∀=)

台湾の法律では、辞職届けの提出日について下記に規定があります。
3が月以上  離職希望日の 10日前
1年~3年  離職希望日の 20日前
3年以上   離職希望日の 30日前

私の場合は、3年以上ですので辞職願を出してから1カ月後に退職が認められます。

離職 

ただ、ボーナスもらって直ぐに切り出すのはやはりどうかなっと思い
いろいろ考えた結果、旧正月の休み明けのタイミングが一番ベストだと考えました。

今月下旬に退職願を提出し、3月末まで働くということで社長に話をします。

また、せっかく積んだスキルは生かしたいと思っているので
航くんが落ち着いたタイミングで、フリーで通訳のお仕事も受けて行こうと思ってます。

会社を辞めてからは、もっと長男とのコミニュケーションの時間を増やし
成長に寄り添っていけるだろうと、まだまだ先が見えませんが
特殊学級の先生や医師らのアドバイスを多く聞き
航くんにあった、方法でもっと言葉を伸ばせていけるといいなっと思います。

S__50298882.jpg 


ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、とっても励みになります(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント