2017/12/15

知る人ぞ知る名店!汚ったない。けど激ウマの店「小文刈菜雞」

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ


寒くなってきて、お鍋🍲がより一層おいしく感じる季節となってまいりました!


IMG_9328.jpg

ご紹介するのはこちら

『小文刈菜雞』

グロリアプリンスホテルから、徒歩で5分くらいの距離のとこにあります。

黄色く赤い字の看板が目印★

IMG_9322.jpg 

テーブル席は、円卓が3卓ありますが既に人でいっぱいW(`0`)W

IMG_9323-1.jpg 

お店の中は。。。
かなりモノであふれかえっている状態(;´・ω・)

結構、ねんきが入っています。

IMG_9336.jpg 

女将さん一人で切り盛りしており
忙しい時などはソファーで寝泊まりするのも多々だそうです。

IMG_9337.jpg

メニューは 4つだけ。
刈菜雞(鍋)1羽 1400~1600元
古早味炸鷄 半羽 700元?
炸魚丸 
麵綫

1日に10羽前後
売り切れ次第、店じまいです。

私たちが食事中も、かなりテイクアウトのお客さんが多かったです。

ここで必ず食べて欲しいのこちら!
鶏肉の素揚げ
パリパリっと香ばしい皮が美味しい。
コショウにつけて食べます。

IMG_9324.jpg

そして、やっぱり 台湾ビール🍺

IMG_9327.jpg

待つこと30分程度
お鍋ややってきました~~🍲

看板メニューの 刈菜雞

山盛りの刈菜(からし菜)

アブラナ特有のほろ苦い感じのする葉です。

IMG_9325.jpg

この刈菜
煮詰めれば煮詰めるほど、甘みが増して激ウマになるんです。

クセになってしまう味わい(/∀\*)

IMG_9328.jpg

他の具はいたってシンプルです。

鶏肉、タケノコ、シイタケ

IMG_9329.jpg

お好みで、ハマグリや魚団子も入れることができます。

IMG_9331.jpg

IMG_9332.jpg

IMG_9334.jpg

唐辛子醤油につけて具材は頂きます。

IMG_9340.jpg

正直、衛生的には不合格なお店ではありますが
刈菜雞は最高に美味しいです。
店内で食さずに、テイクアウトが多いのも理解できます。

入店するのに勇気はいると思いますが
女将さんは、とても気さくな方で片言の日本語も出来たりと面白いです。

お支払いは現金のみです。

小文刈菜雞
住所:台北市中山區民生東路一段86號
電話:02 2567 4739
営業時間:18:00~翌朝 (鶏売り切れ次第終了)


ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、とっても励みになります(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント