FC2ブログ
2017/08/08

よく頂く(子どもと)台湾旅行ご質問~Q&A~

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ

いつもブログを拝見して頂きありがとうございます!

お陰様で、ブログ村のランキングでもTOP10入りをすることが出来ました\(//∇//)\

これからも自分のペースで日々の出来事を綴っていきますので
引き続き応援のほど、よろしくお願いします。

さて、最近メールに直接お問合せを頂戴します。。
ありがたいことです~謝謝 (⋈◍>◡<◍)。✧♡

子どもを中心にブログを書いているので、子ども連れで台湾旅行をご検討の方からのご質問が多く
なるべく一つ一つお答えしたいのですが、なかなか忙しくお返事に時間がかかる場合もございます。

夏場は本当に暑いので日中ずっと外を回るのは危険です。
ホテルのプールでゆったり過ごすとか、室内スポット巡りを行動に入れるが良いでしょう。
夕方から夜市やエビ釣り(24時間営業)。
※台湾では夜中でも小さな子どもを見かけることはざらです。

レストランも比較的子どもには優しいですし、ベビーチェアや子ども食器の用意があるとこも多いです。

台北市内であれば、ほぼバリアフリーになっておりベビーカーでも大丈夫。

ほとんどのデパートにベビールームがあるので、
お湯やおむつ台などが必要なら最寄りのデパートを利用しましょう。

さてさて、下記に頂いたご質問を列挙しお答えしていきますので
旅のご参考になさって下さいませ。

子連れ旅行におススメのホテル

ザ リヴィエラ ホテル (欧華酒店)

花博公園の近くで大きい広場で子ども達を遊ばせられます。
ホテルの屋上は庭園になっており、松山空港を離着陸する飛行機が観れる。
(画像出典:ホテル公式HP こちら
about_health_img022.jpg 

子連れに優しいサービスは、無料のシャトルバスが各観光地へ出ていること。
最寄りの駅からは、少し遠いのでシャトルバスがあるのは嬉しいです。

擷取

ホテルのレストラン
ステーキがとても有名です。
 dining_mediterranean_img01.jpg

ホテル COZZI 台北民生館 (和逸台北民生館)
COZZI系列のホテルは、近年業績が伸びているホテルでキレイで広くて静かと評判がとても高い!
行天宮駅から徒歩5分弱
ベビーベットや消毒器、ベビー用の浴槽
レストランにはベビーチェアや子ども用食器の準備あり。

中国語ですはありますが、画像が多いので参考ブログをリンクします。

郊外のホテルなら

陽明山ティエン ライ リゾート & スパ (陽明山天籟渡假酒店)

プール&温泉(露天あり)

19575231_10156262685414008_7434537663726458630_o.jpg 

農園 
都会で暮らしているとなかなか緑に触れられることがない為
土日や長期休みには家族連れで大人気です。

19943065_10156307614134008_1789153861424017471_o.jpg 

子ども向けの工作(DIYレッスン)
キッズルーム
丸々一日ゆったり過ごせるホテルです。


フーロン ホテル タンシュウエイ フィッシャーメンズ ワーフ 
(福容大飯店淡水漁人碼頭)
(画像出典:ホテル公式FB こちら

19575129_1836728319687016_7287436424161693845_o.jpg

墾丁まで足を伸ばさずとも、リゾート気分が味わえるホテル。
プールやキッズルームがあり、ホテル内の施設で遊べます。
また、ホテルの前からはクルージングが出来る船もあります。
子ども用おアメニティーもしっかり完備しているので安心。

 19417204_1827675210592327_4039367100617314949_o.jpg

移動について
桃園空港から台北市内へ移動には、
空港線、リムジンバスかタクシーを利用するのが良いでしょう。
※小さいお子様連れの場合、荷物を持っての移動は大変なのでタクシーをお薦めします。
タクシーで市内まで約40分 1200~1500元程度

松山空港から市内へは、タクシーかMRT(地下鉄)です。
市内間の移動は、タクシーかMRT(地下鉄)が便利~。

①MRT(地下鉄):
料金は20元~。1回の乗車ごとに磁器コインを購入するのもOKですが、
お薦めはPASMOみたいなチャージが出来るICカードのことで
中国語では『悠遊卡 ヨウヨウカー』を購入するのも良いと思います。
地下鉄乗り場やコンビニで購入可能で、地下鉄乗車費用やバス、レンタル自転車
コンビニで飲み物を買う時など、使えるとこは結構多いです。

②タクシー:料金はメーター制。初乗りは70元~。
23時~翌6時までは深夜割増し料金です。
止め方は手を挙げるので同じですが、ドアは手動なので自分で開けて上下車します。

服装や持ち物
アドバイスとしては
★5月~11月ごろは夏服、12月~2月ごろは冬服、3~5月は日本の春や秋の服装。
夏場の訪問の場合、室内は冷房がガンガンに効いている為、薄手の派織物は必要です。
私が思う台北の一番寒い時期は旧正月前後で、日本の冬と同じ格好でダウン着てます。
暖房設備がなく、換気替わりに空調がついているとこも多く、室内が寒い。

★急に雨が降ることも多く、折り畳みで日傘兼用傘があると良いでしょう。

お水
生水は基本そのままでは飲みません。
コンビニでミネラルウォーターを購入するか、
ホテルやレストランなどのウォーターサーバーを利用しましょう。

トイレについて
日本と同じ洋式&和式スタイル。
使用後のティッシュは流さずに備え付けのゴミ箱に捨てましょう。
※ティッシュがないトイレも多いのでポケットティッシュがあると良いでしょう。

電圧
台湾の電圧は、基本 110V です。
私の家の家電はほとんど日本から持ってきて使っており、今のところ支障はありません。
が、精密機器の場合は心配なので変圧器を利用しましょう。
ホテルによっては貸し出ししているとこもあります。

店の営業時間
デパートは21時30分(週末は22時30分)まで営業しています。
レストランは大体が11時~22時ごろ。
夜市は17時~0時頃まで。

お薦めのレストラン
お鍋系 こちら
雲南料理(人和園) こちら
※アテンドで出張者を連れて行くと絶賛のお店

定番の台湾料理では
喫飯食堂  こちら
好記担仔麺/阿美飯店 こちら

ちょっと贅沢料理が食べたいなら
遇東方精緻料理
山海樓
養心茶樓
皇膳

子連れでおススメのスポット
台北動物園 こちら
猫空ロープ―ウェー こちら
国父紀念館で衛兵の交代 こちら
エビ釣り こちら

おススメの夜市
以前に夜市一覧を書いたブログがあるので、そちらを参考になさってください。

冒頭にも述べましたが、個別でのご質問受け付けておりますが
お返事に時間が掛かってしまう場合もございます。
ご理解いただきたくお願いします。

せっかくの子どもとの台湾旅行~
より一層ステキな思い出となるように少しばかりでもお役に立てればと思います。

ではでは(o‘∀‘o)*:◦♪

ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、ありがたい(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント