FC2ブログ
2017/06/22

~ぶらっと礁溪長榮の温泉へ~頭城のレトロ食堂~

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ

週末は雨続きで、外に出るのが億劫なのですが
さすがに、家の中では子ども達の体力消耗に限りがあります。

毎週末は渋滞必須な雪山トンネルが連日の大雨で空いている!
っという事で、まだ礁溪長榮の温泉チケットが残っていることもあり
宜蘭へ行くことに。 
温泉チケットについては こちらをどうぞ。

前々から気になっていた、頭城にあるレトロレストラン!
『老街懷舊食堂』
昔懐かしの雰囲気が味わえるお店です。

IMG_5941.jpg

店内にはポスターやレコードのジャケットがぎっしり貼り付けられており
タイムスリップした感じです。
先払い式なので、カウンターで先にお金を払います。

 IMG_5951.jpg

IMG_5940.jpg 


IMG_5937.jpg 


昔の駄菓子屋さんにあった玩具や駄菓子
もちろん購入可能です。

IMG_5938.jpg 

IMG_5939.jpg 

食器はセルフです。
これまた昔っぽいレトロな食器棚!

IMG_5942.jpg 

メニューです。
中国語のみです。
水性ペンで必要数量を記入し、カウンターでお会計。

メニューは宜蘭の田舎家庭料理がメインヾ(o´∀`o)ノ

IMG_5936.jpg 

古早味炸排骨飯   90元
どんぶり風になっており、ご飯の上に副菜、一番上にパイコーがどーんと。
結構、味濃い目でパパはお祖母ちゃんの作ったご飯みたいだと言ってました。

IMG_5943.jpg 

香菇瓜仔鷄麵  85元
きゅうり?ピクルス?の漬物を出汁にとった
甘じょっぱいスープ。
シイタケと合う。

IMG_5944.jpg 

薄鹽鯖魚
サクッと揚がったサバ、胡椒がけっこうきいておりビールが飲みたくなりました。

IMG_5945.jpg 

老街ト肉(プーロウ)
豚肉にころもをつけてフリッターにしたもの。
宜蘭地区の有名なB級グルメです。

IMG_5946.jpg 

豚肉は結構歯ごたえあります。
少し甘めのコロモ。

IMG_5948.jpg

遅い昼ごはんを終えましたが
温泉の予約は17時半なので、まだ約2時間あり
一時上がった雨がまた降りだしはじめ
何処に行こうか悩む悩む~

アプリで室内の遊び場を検索していたら礁溪長榮のプレイルームがヒット。
一か八かで温泉利用客も利用可能か電話で問い合わせしたら
部分利用可だそう(滑り台など)!
さっそく、礁溪長榮へ直行です。

温泉へ行くエレベーターとは反対側のエレベータで3Fへ
健康休閒中心の中にプレイルームがあります。

外は大雨~☂
室内で滑り台が遊べて大満足の航くん~!
大きなブロックやキッチン台もあり、2時間十分に遊べました。

IMG_5953.jpg 

X-Boxなどのゲームもありますが、利用するには部屋番号が必要なので
宿泊客のみ利用可能のようです。

IMG_5955.jpg 

IMG_5956.jpg 

IMG_5957.jpg 

IMG_5958.jpg 

予約の時間になったので、個室温泉へ
温泉チケット利用の場合6-9月はオフシーズンなので
90分の利用時間が+30分延長され合計2時間利用可能となります。

また、オンシーズンでは土日は別途+料金なのですが
オフシーズンの場合は土日でも+料金なし。
ちょっとお得感を感じるのは私だけかしら?

夏場の利用なので、半露天のお部屋(緑景)にしてもらいました。
温泉場には小さな庭があり庭の上のブラインドの隙間から外の空気が
そして☂も~
でも風通しがいいので、息苦しさはなく夏場にはぴったりのお部屋です。

IMG_5959.jpg 

IMG_5960.jpg 

IMG_5961.jpg 

二人ともお風呂大好き!
お湯をはっている間にも、待ちきれず服を脱ぎだす始末。

IMG_5964.jpg

90分では、結構バタバタなのですが2時間あると
ベットで少し横にもなれる時間ができて良かったです。

今回は、個室温泉利用でもプレイルームが使用出来ることを知って
あと1枚残っているチケット、次回温泉利用時もプレイルームを利用させてもらおうっと


<老街懷舊食堂>
住所:宜蘭縣頭城鎮青雲路三段177號
電話:03 977 8199
営業時間:10時~20時


<長榮鳳凰酒店(礁溪)>

住所:宜蘭縣礁溪鄉健康路77號

電話:03 910 9988

温泉利用時間:8時~24時まで(最終受付は22時)




ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、ありがたい(/∀\*)

台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント