FC2ブログ
2016/10/13

台北の遊園地!夕方からでも楽しめた兒童新樂園

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ

夏休み期間中に行ってきたのせすが、バタバタしておりUPが今頃に(苦笑)

夏場の昼間は暑い。っという事で夕方から台北の遊園地
「兒童新樂園」 へ

夏休み期間中、16時以降星光票と言って入場費用が無料でした!
通常は、大人30元 子供 15元 6歳以下、シニア 無料

年末まで星光票キャンペーンは行うそうです。
(土曜や連休、冬休みは20時まで営業しているので、16時からでも十分に楽しめると思います。)

DSC07438.jpg 

2階建てになってますが、園内はそれほど広くはありません。

DSC07436.jpg

チケット販売。
悠遊カードさえあれば、園内全て現金不要!
※ちゃんとチャージをしておきましょう
(園内の読み取り機械ではクレジットカードによる自動チャージ出来ません)

DSC07437.jpg

乗り物も多くありません。
全部で13種類~
身長制限あります。
140cm以上であれば、全ての乗り物に乗ることが出来ます。
6591171515.jpg 
DSC07439.jpg

③銀河號に20分ほど並んで乗りました!

DSC07441.jpg

並んでいる人が多い時は、相乗りになりますが
この日、まぁまぁだったので家族4人で搭乗~
あっという間の一周に、物足りない様子でした。

DSC07447.jpg

銀河號から見た風景、夏場でも夕方ごろになると風も出てきて
涼しく、心地よく遊べました。

DSC07450.jpg

至る所に、キャラクターが。
一緒に記念撮影ができます。

DSC07454.jpg

2階のフロアに、フードコートがあります。
店舗数は多くないですが、100元前後で食べれるので親身的。

DSC07457.jpg

DSC07461.jpg

DSC07460.jpg

DSC07458.jpg

DSC07462.jpg

ベビーチェアあります。
ご自由にどうぞ。

DSC07463.jpg

セットメニュー
味は、そこそこ。
お腹が膨れれば良い的な。

DSC07466.jpg

DSC07465.jpg

夕食を終えると、辺りは既に暗くなってました。
夜の遊園地も雰囲気があって、ステキです。

乗り物は、一人 20元や30元と設定金額違います。
悠遊カード使っているので、幾ら使ったのか正直感覚ないんです。

DSC07491.jpg 

メリーゴーランド
馬ではなくて、イルカに乗りました。

DSC07484.jpg

DSC07492.jpg

ジェットコースターや海賊船、子ども達はまだまだ乗れませんが (T_T)
ママは乗りたかったなぁ~
日本にいたころ、毎年 フジヤマに乗ってたのを思い出します。

DSC07467.jpg

無料の砂場
ここに来てまで、砂場?っと思うかもしれませんが
結構、遊んでいる子供たちが多かった。

DSC07488.jpg

閉園間際の滑り台、人も少なくなって独り占め状態に。

DSC07485.jpg

DSC07487.jpg

1Fには、ちょっとしたゲームセンターあります。

DSC07498.jpg

DSC07507.jpg

DSC07505.jpg


アスレチック
兒童新樂園のアプリをダウンロードすると
予約ができるようになってます。(30名)
もちろん、現場で並んで入ることもできます。(70名)
アプリでは、乗り物の現在待ち時間も表示されているので
結構役立ちますよ。
DSC07501.jpgDSC07500.jpg

帰宅前に、仲良く二人でメリーゴーランド
輝くキラキラな天井に、ずっと上ばっかみていた、航くん

DSC07511.jpg

DSC07493.jpg

なかなか街中では見かけない自販機が
ここには、こんなにありました!

DSC07495.jpg

お土産センターあります。

DSC07494.jpg 


荷物が多い人は、コインロッカー利用できます。


DSC07496.jpg


夕方4時に入園して、8時までの4時間。

ゆったりと、充実してました。

夕方からなら人ごみも解消され、過ごしやすかったかも。


DSC07516.jpg


日本の遊園地に比べたら、乗り物系は少ないですが

小学校くらいの子ども達なら、十分に楽しめます。


次は、航くんがもうちょっと大きくなってから行きたいな。


<兒童新樂園>

住所:台北市士林區承德路5段55號

HP: こちら 




ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、ありがたい(/∀\*)

台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

にほんブログ村 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント