FC2ブログ
2017/12/01

【台中】迫力満点な恐竜に大興奮の「国立自然科学博物館」

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ


ガオッ~~~~~~(*`皿´*)ノ


IMG_9122.jpg


台中の
『国立自然科学博物館』

動く恐竜が観れるという事で、最近何故か恐竜にはまっている
航くんの為に訪れてみました。

IMG_9105.jpg 

生命科学廳の中に恐竜の展示がしてあります。

IMG_9106.jpg

入場費用はこちら
生命科学廳は備考3の部類に属するので大人100元
6歳未満の子どもは無料です。6歳以上は70元です。

入口にチケット売り場があるので、直接窓口で購入できます。

よって、家の場合は子ども二人とも6歳未満なので
大人二人分、200元で入場しました。

(画像出典:公式HPより)
擷取

IMG_9107.jpg

【大自然的奧祕】
大自然の神秘というテーマで13ものブースに分かれて展示されています。

生命の起源から植物の変化

IMG_9108.jpg

本当によく出来ていて思わず鳥肌が立ってしまいます。

IMG_9109.jpg

IMG_9111.jpg

IMG_9110.jpg

ワニなんかも、ちょうど子どもの目線の位置で見れるので
ちょっとビクビク状態。

IMG_9113.jpg

IMG_9115.jpg

そして、奥に進むと視野がぐっと広がり
子ども達の滞在時間が一番長い
恐竜の展示場に行きつきます。

IMG_9120.jpg

しかも、恐竜が動くし音を発するので
はじめは(@_@)ビックリしていましたが
迫力満点の恐竜に大興奮!!

IMG_9122.jpg

IMG_9121.jpg

IMG_9132.jpg

IMG_9136.jpg

大分慣れて、触れられるほどに。

IMG_9128.jpg

飛ぶ恐竜

IMG_9134.jpg

恐竜の種類のお勉強

IMG_9116.jpg

恐竜を後にし階段を上がった2階

小さな迷路がありました。

IMG_9139.jpg

そして、動物や昆虫の展示

IMG_9140.jpg

大きさも等身大レベルで作ってあるので
本当に本物を見ているかのように圧倒されます。

IMG_9142.jpg

IMG_9144.jpg

IMG_9146.jpg

IMG_9143.jpg

人類の進化
生命の誕生から死までの流れなど
その他、ミイラの展示もありました。

IMG_9148.jpg

小学生高学年くらいだと、もっと内容説明して
ゆったりとみて回れると思いますが
今回は恐竜がメインなので、他はざっと通り過ぎる感じでしたが
それでも2時間は掛かりました。

動線がしっかりしていますし、何と言っても迫力満点~!

大分インパクトがあったようで、台北に戻ってきてからも
常に話題になってます。

行って良かったなと思う場所でした。

國立自然科學博物館
住所:台中市北區館前路1號
電話:04 2322 6940
営業時間:9:00-17:00(定休日は月曜)


ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、とっても励みになります(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

スポンサーサイト
2017/11/06

【桃園】自然と美食、遊び場と全てが揃っている「義美観光工場」

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ


台湾山豬城を後にしたあと、次の目的地へ🚘


『義美観光工場』


とんとんが、年中さんの時に課外学習で訪れた場所だとのこと。



IMG_8403.jpg 

義美は台湾でもトップの食品メーカー。

※毎週火曜には、個人でも参加できる約3時間の工場ツアーを開催してます。
ご興味のある方は こちら からどうぞ、

IMG_8408.jpg

工場の敷地内には、自然の生態が学べる場所

IMG_8404.jpg

ベビーカーだったので、ガタガタの道は入りませんでした。
パパと娘が探索に~

IMG_8405.jpg

IMG_8406.jpg

他に外には滑り台等の遊具がある広場(あまりに子ども達が多いのでスルーしました)

建物の中に入っていくと、これまた微妙なマスコットがお出迎え(*ノェノ)
可愛いと思えないのは、私だけでしょうか。。。

IMG_8418.jpg

地下にあるのは博物館

義美の成り立ちが一覧できます。

IMG_8409.jpg

ビデオでの紹介VTRもみれます。

IMG_8416.jpg

IMG_8410.jpg

製造されている食品の数々!!
パッケージが、これでもかっと
ずらーり陳列してます。
どれも、見たり食べたことのあるものばかり。

台湾人の食生活に浸透しているのが分かりますね。

IMG_8411.jpg

IMG_8412.jpg

IMG_8413.jpg

IMG_8415.jpg

IMG_8414.jpg

DIY教室も開催してます。
とんとんが前に来た時も、ここでお菓子を作ったそうです。

IMG_8417.jpg

飲茶(点心系)を提供しているレストランを素通りして

販売部の方へ。

パン屋さんです。
IMG_8419.jpg

ちょっと小腹が空いたので、パンを購入。

IMG_8420.jpg

義美の食品が一同に集まっているショップ

IMG_8422.jpg

1つ買っていいよと言っていますが
あまりのお菓子の多さに、どれにしようか迷いに迷っている娘(-∀-)

IMG_8421.jpg

IMG_8423.jpg

今、とってもブームになっている義美のミルクティーで出来た
ソフトクリームも販売してます!

IMG_8424.jpg 

でも、家は普通のミルク味を購入(爆)

IMG_8426.jpg

こういうご当地な場所に来ると、
ついつい買ってしまう『茶葉蛋』

台湾に来た当初は、コンビニの匂いに慣れませんでしたが
一度、茶葉蛋を食べてみると結構イケる味だとビックリ。
美味しいので、是非試してみて下さい~

ちなみに
義美の茶葉蛋は甘みがあって、Goodでしたよ。

IMG_8427.jpg

自然と美味しいグルメ、遊び場もあって
ゆったりと半日は過ごせますが、さすがに休日は大人気なので混み合ってました。

近年こうした大人も子どもも楽しめる
入場費用がいらない観光工場がたくさん出来て嬉しい限りです。

義美食品生產生態生活廠區
住所:桃園市蘆竹區南工路一段11號
電話:03 322 2406#883
営業時間:9時~21時


ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、とっても励みになります(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

2017/10/03

入場無料のお得なスポット!台北市政府内にある「台北探索舘」

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ


お家から近いのに今までずっと行けずじまいだったスポット!


『台北探索舘』


IMG_8125.jpg 

台北の市政府内にあります。
休日でも開放しているとのことなので、サイクリングがてら行ってきました。

IMG_8128.jpg

市政府の建物内に入ってすぐ右側の専用エレベータを使います。

IMG_8130.jpg

4Fから下に降りていく感じで見学スタート♪

ちなみに、日本語の音声ガイド機を借りることができます。
気軽にスタッフに声を掛けて下さい。

4Fは台北の昔を展示してます。

IMG_8131.jpg

小さな模型で情景をリアルに再現してあります。

IMG_8132.jpg

IMG_8135.jpg

IMG_8133.jpg

昔の人形劇

IMG_8134.jpg


無料で出来るおみくじ~
ママの分、弟の分、自分の分と
止めなければ、ずっと遊んでいる感じ(;´・ω・)

IMG_8136.jpg

カラス張りになっている上か見る台北の情景を再現
地面がガラスなのが不思議らしく、航くんは何度も行ったり来たり

IMG_8137.jpg

階段で3Fに降りてみると、今度は今の台北が
台北にある有名な夜市の紹介や

IMG_8142.jpg

ミニサイズの台北101

IMG_8139.jpg

屋台のセットがあったりと、子どもながらに探検できます。

IMG_8141.jpg

手を動かして学ぶ淡水のサイクリングコース

IMG_8151.jpg

IMG_8152.jpg

映画音楽で学ぶ、台湾の昔と今

IMG_8153.jpg

昔懐かしの懐メロが聞けるブース

IMG_8154.jpg

期待をしていなかったですが、結構楽しく見て学べました。
展示会場自体もコンパクトに集約してあり、周りやすいです。
思っていたより、見ごたえありました。

無料なのもポイント高い!
クーラー効いてますし、ひょこっと来てみるにはいいかも。

今度は、子ども達がもうちょっと大きくなって
ちゃんと説明を聞いても分かるころ来たら、きっとまた別の発見があると思います。

台北探索舘を出たあとは、裏手にある砂場で遊ぼうと思ったら
超満員~ってなことで、また最近お気に入りの光復小学校へGO!

臺北探索館
住所:台北市信義區市府路1號
電話:02 2720 8889#4588
営業時間:9時~17時


ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、とっても励みになります(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

2017/08/18

期間限定!ツムツムファン必見!9/3まで新光三越南西店で開催の展示会

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ

別件で久々に中山駅へ。
台湾でも流行っているツムツム

新光三越の南西店 12階で現在開催中のツムツム2 展示会に寄ってきました。
9/3までなので、ご興味のある方はお早めに☆彡

個人的には、あまりキャラクターものは好きではないのですが
チビの航くんがお姉ちゃんよりも結構好きなんです。

IMG_7612.jpg 

入場は無料です。

館内はこんな感じ↓↓↓

IMG_7614.jpg

どのキャラクターも写真撮影に向くように配置されています。

IMG_7615.jpg

IMG_7616.jpg

IMG_7617.jpg

IMG_7620.jpg

IMG_7621.jpg

平日だったので人は多くなく、ゆっくりと写真を撮りまくれました。

IMG_7619.jpg

IMG_7625.jpg

IMG_7641.jpg

写真撮影を終えた後は、隣接する販売ブースへ。

本当にいろんなキャラクターグッツがあり、感服~
家具以外、日用品はすべて揃うほどの品揃え。

IMG_7627.jpg

トミカだけでも、こんなに種類が出ている!

IMG_7628.jpg

1つ 250元 約900円くらい

IMG_7629.jpg

IMG_7630.jpg

IMG_7631.jpg

他にも名前シールが作れたり

IMG_7632.jpg

名前入りのバッチ?銀貨?が作れたり

IMG_7633.jpg

ツムツムの気球自販機

IMG_7634.jpg

IMG_7635.jpg


新光三越の会員なら、会員ポイント5点と引き換えにスタンプカードがもらえ
館内にあるスタンプ4か所で捺印を押すと、チョコレートの城で記念撮影が1回無料で受けられる。
毎日150組。

IMG_7637.jpg

写真撮影の場所はこんな感じ

IMG_7639.jpg

出来上がりの写真立て

IMG_7640.jpg

来週、出張で単身横浜へ~(*’U`*)
玩具売り場で売れ筋なものを物色し、日本で買って帰ってこようと思ってます。
日本のものは、やはり日本で買う方がお得!

良い子にパパとお留守番のご褒美~
何がいいかなぁ~~

<新光三越 南西店>
住所:台北市中山区南京西路12号

ランキングに参加中です!

クリックしてもらえると、ありがたい(/∀\*)

にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

2017/02/24

宜蘭駅前の絵本作家「ジミー広場(自撮りスポット)」

ニ~ハオ!あんじぇらの備忘録へようこそ( ̄^ ̄)ゞ

台湾の絵本作家 ジミーが手がけた宜蘭駅および周辺スポット

宜蘭駅を降りると目の前に広がる、おとぎの世界!

大人もワクワクする自撮りスポットです。

ジミーさんの紹介 こちら

IMG_3744.jpg 

宜蘭駅
メインの入口からはキリンがひょっこりと顔をのぞかせています。


IMG_3747.jpg

宜蘭周辺の観光案内所
授乳室やミルク作りのお湯など完備されてます。

IMG_3750.jpg

レトロ感たっぷりの玩具が沢山販売していました。

IMG_3751.jpg

IMG_3753.jpg

日本にいるかと錯覚するような建造物

IMG_3754.jpg

IMG_3756.jpg

IMG_3757.jpg

IMG_3760.jpg

平日の昼間でも多くの人たちが自撮りしてました~。

IMG_3772.jpg

ジミーの絵本に出てくる登場人物たちと写真が撮れます。

IMG_3771.jpg 

IMG_3786.jpg

IMG_3802.jpg

IMG_3814.jpg

IMG_3792.jpg

IMG_3789.jpg

IMG_3806.jpg

IMG_3795.jpg

IMG_3811.jpg

IMG_3819.jpg

子どもが遊べる滑り台や砂場などがありました。

IMG_3823.jpg

IMG_3821.jpg

IMG_3824.jpg

付近には、ジミーの作品販売ブースもあります。

IMG_3829.jpg

IMG_3834.jpg

IMG_3833.jpg

IMG_3848.jpg

ジミーを知らなくとも、この場にいったん足を踏みいれたら
自然と好きになる。そんな、空間がここにはありました。

ざっくり散策時間は1時間程度。

宜蘭のおススメスポットです。

ジミー公園
住所:宜蘭縣宜蘭市宜興路一段240號


クリックしてもらえると、ありがたい(/∀\*)

台湾(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

にほんブログ村